最短で成功するための優先順位のつけ方

副業

こんにちは、成長くんです。

最短で成功するためにはどうしたらいいのか、何から手をつけたらいいのかわからないという方はぜひ最後までご覧ください、きっと役に立つはずです。

手軽さ、難易度、効果の3つに点数をつけ、ランキング形式にしていきますので、何から手をつけていいのかわからない方はご参考に!

手軽さ

5.0

難易度

2.0

効果

3.0

さて、今回のテーマは優先順位の付け方です。

みなさん、なんとなく毎日を過ごしていませんか?

自分にとって何が大事で、何に時間を使えばいいんだろうって感じる時はありませんか?

そんなみなさん、この記事をぜひ最後までご覧ください。きっと解決してみせます。

優先順位について知ることで、みなさんの毎日がもっとより良いものになることをお約束いたします。

優先順位をつける前に知るべきこと6選を見てからこの記事を読むことをお勧めしています。

知るべきこと6選を見ることで質の高い優先順位を立てることができるようになりますのでぜひ先に知るべきこと6選をご覧ください。

それでは優先順位の付け方について学んでいきましょう。

人生を変える優先順位のつけ方

  • step1 価値観をベースにゴールではなく、向かうべき方角を決める
  • step2 人生の終盤、どのような自分でありたいのかを明確にする
  • step3 30年後、20年後、10年後、1年後、どのような自分でありたいのかを明確にし目標を立てる
  • step4 現在取り組んでいるタスクを緊急度と重要度のマトリクスを使い見直す
  • step5 step3で立てた目標を何をして達成するのか、目指していく中での障害を予測し書き出す
  • step6 step4で見直した現在のタスクとstep5で出した理想の自分になるためのタスクに優先順位をつけ日々の計画に取り入れるためにスケジューリングする

この6つのstepを踏めば、人生をロングゲーム(長期的な視点)で考えることができ、価値ある毎日を過ごすことが出来ます。

step1 価値観をベースに目標ではなく方角(人生のテーマ)を決める

step1では目指すべき方角(人生のテーマ)を決めます。

最初に目標ではなく方角(人生のテーマ)を決める理由は、目標を見失った時にも進み続けることができるようになるからです。

目標の設定も大事なのですが、目標だけを設定してしまうと、達成が困難になった時、達成できなかった時にやる気が低下してしまい、前に進めなくなってしまいます。

例えば、インターハイを目標に努力していた人が、インターハイに出れないとわかった途端、元気がなくなった、努力をやめてしまった。

目標だけを設定してしまうとこのようになってしまう可能性があります。

これが進むべき方角(人生のテーマ)を決めると変わります。

可能性への挑戦という人生のテーマを持った人は、インターハイが終わった後もやる気が落ちることなく、違う大会を目標にしたり、また違う競技を試します。

先に目標を決めるのでなく、いつまでも満たされることのないテーマを決めましょう。

奥にある自分のニーズを理解することが大事です。

step2 人生の終盤、どのような自分でありたいのかを明確にする

80歳になったあなたは何をしていますか?

みなさん考えてみてください。

そしたら次の質問です。

あなたの理想の80歳の自分はどんな姿ですか?

最初の質問の時と答えが変わっていませんか?

答えが違ったあなたは本当はこうなりたいという姿があるのに何かしらの理由をつけて諦めていることになります。

自分に嘘をつかず、あなたが80歳になった時の理想の姿を書き出してください。

例えば

①健康で、知識、肉体、精神ともに高いレベルを維持している。

②経済面では、不労所得で生活ができており、お金のために時間を切り売りしていない。

③知識、肉体、精神共に高いレベルを維持しているため、その経験や知識を教える立場に立ち意欲的に働き続けている。

④家族や友人との時間も十分とれていて、大事に出来ている。

このように嘘偽りのない理想の姿を考えてみてください。

step3 30年後、20年後、10年後、1年後、どのような自分でありたいのかを明確にし、目標を立てる

人生の終盤を思い浮かべたら、30年後、20年後、10年後とどんどん現在に繋げていきます。

将来の自分と現在の自分の繋がりを感じることがができる人は、未来に向けての行動が増えます。

逆に将来の自分との繋がりを感じづらい人ほど短期的な行動が増え、貯金も溜まりづらいといった傾向が確認されています。

将来の自分と今の自分を繋げるためには、人生の終盤から徐々に現在に近づけて考えることが効果的です。

実際にどのような姿でありたいかをイメージできたら、目標を立てます。

例えばお金を稼ぐという視点なら、、

30年後、本業をやめ年収1000万円以上

20年後 本業と副業足して年収800万円以上

10年後 副業で次10万円以上

1年後 副業で1万円以上

step4 現在取り組んでいるタスクを緊急度と重要度のマトリクスを使い分類する

価値観、なりたい姿を明確にしたら、今している行動(タスク)がどこに分類されるのかを分けてみましょう。

優先順位つける前に知ること6選で説明した緊急度と重要度のマトリクスをようやく使う時がきました。

現在取り組んでいるタスクを書き出し、分類してみてください。

自分の決めた人生のテーマ、なりたい姿、価値観、性格、強みを活かすことを選考のベースにし、緊急度と重要度のマトリクスを使い分類していきます。

緊急でもなく重要でもないもの、緊急だが重要ではないものの2つはできる限り減らしましょう

step5 step3で立てた目標に何をして達成するのか、目指していく中での障害を予測する

step4ではどのように達成するのか、と目指していく中での障害の2つを書き出してください。

なぜこの2つを書き出すことが重要なのかと言いますと、不安を消し去ることができるからです。

*ポイント

①できるだけ多く書き出すこと。

②明確に書き出すこと。

③それぞれの目標までにすることを1つに絞らず2〜3個持つこと。

この3つのポイントを意識してタスクと障害を決めていきましょう。

step6 step4で見直した現在のタスクとstep5で出した理想の自分になるためのタスクに優先順位をつけ日々の計画に取り入れるためにスケジューリングする

いよいよ最後のstepです。

step4で見直した重要であるタスクと、step5で出した理想の自分になるためのタスクに優先順位をつけます。

まずはノートやメモに読書、筋トレ、睡眠時間の確保、ストレッチ、学校の課題のように書き出していきます。

書き出したら優先順位をつけます。

  1. 睡眠時間の確保
  2. 筋トレ
  3. ストレッチ
  4. 学校の課題

あとはタスクを優先順位ごとにスケジュールに入れていくだけです。

実際に優先順位をつけていきます。

このように自分の価値観をベースに優先順位を決めて計画に入れ込むことで成功に近づきますし、本当に大事なものに時間を使うことが出来ます。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

優先順位をつける上で、現在の自分を知り、将来自分はどうなりたいのかを知ることが大事になってきます。

将来なりたい自分に向かって、価値観をベースに少しずつ少しずつ努力を積み重ねる。

結局はこれが最短で成功する道になります。

優先順位を自分基準でつけてしっかりと積み重ねていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました